人気ブログランキング |

DCF法1 来年の1万円の’価値’は?

 ディカウントキャッシュフロー法は、ファイナンスにおいて、価値を評価するための基本となる考え方。ファイナンスの世界では、現在の1万円と未来の1万円を区別して考える。例えば、、現在手元に1万円あったとして、それを国債に投資したと仮定すると1年後には1%程度の利回りを得ることができる。しかし、’今’ではなく、’来年’にならないと1万円が手に入らないとすると、この1%の利回りを享受できないことになる。この設ける機会を失うことをコストと考え(機会費用)、その分未来の1万円を割り引く。この考え方がDCF法である。

 このように、’いつ’キャッシュを得るかによって、その価値が異なるわけであるから、価値とは、時刻とキャッシュの関数になる。同時に、いつの時点で価値を評価するかによって当然異なる。

価値(基準時刻)=f(キャッシュを得る時刻、キャッシュの額の関数)

 この関数fは複利の利回りを使う。上で述べた例で考えると、現在手元にある1万円は、来年には1万100円になっている。よって、’今’の1万円は、’来年’には1万100円の’価値’に相当する。(1+1%)倍になっている計算である。

 これを逆に考えて、’来年’に価値が1万円になるためには、現在手元にいくらあればよいか?と考えると、

現在の価値×(1+1%)=1万円

 これを解くと、約9901円となる。つまり、来年における1万円の価値を現在に変換すると、9901円にしか相当しないわけである。これをちゃんと書くと、関数fは、


価値(現在)=1年後に得られるキャッシュの額/(1+利回り)^1

同様に、n年後に得られるキャッシュの額は、

価値(現在)=n年後に得られるキャッシュの額/(1+利回り)^n

となる。これがDCF法の考え方。
by km_g | 2009-09-11 12:26 | ファイナンス