人気ブログランキング |

運転資本に「有利子負債」は含めるのか?

 会計の世界では、運転資本とは、流動資産から流動負債を引いた額と定義する。そして流動負債には短期借入金を含むのが普通である。しかし、ファイナンス理論におけるFCF算出の時に出てくる運転資本には、短期であっても借り入れ金(有利子負債)を含めてはいけない。


 なぜなら、FCFとは、事業を行った結果得られたキャッシュのうち、投資家に配分できるキャッシュである。有利子負債は事業を行った結果得られたキャッシュではないから、含めてはならない。もし含めたら、投資家から得たキャッシュを事業から得たキャッシュとしてみなすわけだから、キャッシュフローを過大に、重複して、算出していることになる。だから含めてはならない。


 運転資本とは、日々のオペレーションに必要なキャッシュで、その分は投資家に配分できない。中身は、買掛金、売掛債権、棚卸資産。これらは、取引先に止まっているキャッシュであり、投資家に配分できない。では、現金はどうするか?運転資本に含めてよいか?これは業種によって異なる。日々のオペレーションが安定的であれば、特に現金は必要なく、投資家に配分してよく、不安定であれば、考えられる最悪の場合に必要になる現金は日々のオペレーションに必要だとみなして、運転資本に含める。これ以外の現金は余剰とみなし、事業価値と分けて、評価する。

運転資本=売掛債権+棚卸資産+事業に必要な現金―買掛金


 企業価値を算出するとき、どの程度の現金を運転資本と見なしたらよいか。おそらく、類似業種の売上高現金比率を平均して適応するのが素直だと思われる。


 武田薬品のような多額の現金を保有している企業は、どうみるか。日々のオペレーションに必要な量を明らかに超えている。これは、将来のための現金である。製薬業界は、研究開発費の増大によって、規模の拡大が必須になってきている。武田の多額の現金は、これらの費用か、将来のM&Aのために費用な現金である。
by km_g | 2009-09-28 22:19 | ファイナンス