ケイレツ 系列?

ケイレツと聞いて、普通は談合とか株の持ち合いとかをイメージするかもしれない。しかし、今こそケイレツを復活させるべきだと思う。

日本が元気がないのは新しい企業が生まれないためだ。国の成長に大きな影響を与える企業の成長を考えた場合、既存の企業ががんばるか、新しい企業ががんばるか、って考えた場合新しい企業が頑張ることが今の日本に必要だと思う。

時価総額上位10社とか見てみても、日本の場合おそらく10年前と今では登場人物は大きく変化していなんではないだろうか。しかし同じ先進国でありながら成長しているアメリカを見ると、アマゾン、グーグル、アップルと新しい顔がどんどん登場している。つまり、日本とアメリカを比較した場合、成長しているかしていないかは、新しい企業の頑張りに差があったためではないかと。

では、日本のベンチャーはなぜ元気がないか。その答えの一つがケイレツではないかと思う。ベンチャーが成長する時、大きな壁はその商品を買ってくれる顧客はいるのか?どこにいるのか?ということではないだろうか。ベンチャーが作った商品は大体の場合その状態では売れない。確かに便利だけどお金を払ってまでではない、なんか使いづらい、今ひとつ、ってことが多いのではないだろうか。

このような段階で重要なことは、リスクをとって買ってくれる顧客を見つけること、出会うことである。マニアとも呼ばれるカテゴリーかもしれない。このセグメントの顧客は、その商品の価値を知ろうとしてくれて、価格に見合っていなくても買ってくれる、使ってみてくれる。こんな顧客に出会えたらベンチャーは幸せである。でもなかなか出会えない。顧客×商品の精度が甘くても、資金を調達し、設備投資し、一気に燃え尽きる。

そんな時、ケイレツがあれば、そのケイレツ間で商品を使ってあげて、フィードバックしてあげて、融合してあげて、こんなことが行われればなんと幸せなことか、なんと成功確率があがることか。

しかし、日本にはない。もうない。アメリカもにもなかった。しかしアメリカでは同様の機能をベンチャーキャピタリストが担った。先日、アマゾンやグーグルのCEOとオバマが会食したというニュースが出ていた。
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aiOGru7R.7J0

この会場はどこかというと、著名ベンチャーキャピタリストのジョンドーアの家(正確には会食するためだけの家らしい)である。つまりこの会食を取り計らったのがこのジョンドーアである。アメリカでは、ベンチャーキャピタリストがベンチャー企業同士を融合させたり、商品の最初の顧客となりうる企業を紹介してあげたりといった、まさにケイレツの機能をはたしているのである。どうも、シリコンバレーのベンチャーキャピタリストは80−90年代の日本のケイレツからこの重要性を学び、インフラを築き、今日のアメリカの発展に寄与していると言われているらしい。

日本でケイレツの機能を担うのは、コングロマリット企業か、商社か、はたまたベンチャーキャピタルか。いずれにしろ、一刻も早く整備すべきだ。
by km_g | 2011-02-26 15:26 | MBA他