MIT メディアラボ 石井教授セミナー

 MITメディアラボの石井教授のセミナーに行ってきた。しばらく前に、テレビで見てすごい人がいるなぁと思ってそのまま忘れていたが、Twitterで見つけてセミナーがあることを知り、初めて肉眼でみることができた。



この方は、NTT研究所での研究が認められ40歳くらい?でMITに移動した。そこでは、今までの研究は捨てて、新しいことをすることを求められたという。その条件は、自分で新しい分野を作り、その分野の第一人者になること。5年で。というものだったという。う~ん。さすが。

連日学生も交えて議論し、タンジブルという研究テーマを見つけたという。自分も会社で新規テーマを見つける仕事をしており、どのようにテーマを見つけたか、という思考パターンを知りたかった。

彼は技術そのものだけを考えるのではなく、まず理念・ビジョンがあり、その下にアプリケーションがあり、それを実現する手段として技術がある、という考え方を強く持っていた。技術は一年で変化するが、理念・ビジョンは100年不変である。逆に100年先にも通じる、大きく、抽象的な、概念・思想・哲学が理念である。

なるほど、自分は技術ベースで思考しており、せいぜいアプリどうしよっか。みたいな程度でしか考えていなかった。新しい分野、業界をつくるためには、理念・ビジョンを強く意識することが大切だ。
by km_g | 2011-05-19 01:58 | 日常