「重い」ベンチャー

国内のベンチャー投資額が大幅に増えたとのことだ。何が背景だろうか。アベノミクスだろうか。投資分野はITだけかと思いきや、バイオも結構ある。すばらしい。個人的にはこのようなテクノロジーをベースとした企業がどんどん出てきてほしい。




e0194027_00203824.png
そんなことを考えていたら、経済産業省で「ベンチャー有識者会議」というけっこうイケてるメンバーの会を見つけた。経営競争基盤の冨山和彦、WILの伊佐山さん、南場さん、孫泰蔵さん、グロービスの堀さん、とそうそうたるメンバーだ。その中の冨山和彦さんのプレゼン資料がとても勉強になった。特にベンチャーの分野を、資本集約度と知識集約度のマトリックスでわけるマトリックスが勉強になった。例えば、IT、分野は資本集約はないが、知識集約という具合。冨山和彦さんの主張としては、知識集約×資本集約の分野が足りないということだ。

e0194027_09383533.png
このカテゴリーの特徴は、

・一単位あたりの投資額が大きい
・一般資本市場の論理では投資できない
・基礎研究は企業では無理。NTTなども民営化されてしまった。
・ここは国が頑張らないと
・公的資金から営利資金のマネジメント



ということだ。確かに、企業から基礎研究はどんどん削減されている。海外企業の場合は資本市場の影響だろうが、国内企業の場合はメイン事業の不振だろう。いずれにせよ、企業では基礎研究はできない状態だ。米国は大学、国の研究所がこの役を担っている。日本でもできるかもしれないが、事業化までのつなぎ手が全く不在であることが一番の問題だ。ホリエモンも自分で研究所を作りたいと行っていたし、原丈人さんも長く大きなお金の市場が必要だ、と言っていた。

このような分野、日本が勝つチャンスがまだあると思う。IT分野は確かにどんどんベンチャーは出てくるだろうが、プラットフォーマーにならない限り小粒のままだと思う。その点この分野は、技術の積み重ねが競争優位性につながるし、日本企業が苦手なスピードもIT分野よりは問題にならないだろう。

大企業と研究所のつなぎ手。ここは面白そうだ。







・日本は金があるが小さく散らばっている。ある程度集約するメカニズムが必要。GPIFなど。
・プログラムマネージャーと呼ばれる人材=間を繋ぐ人が必要
 -発明案件を、ブラックボック化、特許化の仕分け
 -公的資金と営利資金の仕分け
・コーポレートVCは上場企業のリスクポロファイルに見合うかどうか注意
・EXIT先としてM&Aは重要だが、受け入れ先としての大企業がベンチャーとうまく付き合えるか。意思決定など。
・ベンチャー育成は大企業改革と表裏一体






by km_g | 2014-02-20 00:36 | 日常