人気ブログランキング |

DBJキャピタル

VC調査。政府系金融機関のグループファンド。

■ファンド規模
ファンド状況だが、意外にも額は小さめ。

名称出資総額出資者状況
知財開発1号
投資事業有限責任組合
12.8億円(株)日本政策投資銀行他5社
DBJキャピタル(株)
投資終了
DBJキャピタル
投資事業有限責任組合
40億円~(順次増額)(株)日本政策投資銀行
DBJキャピタル(株)
投資中

■投資分野
これまた意外にも技術シーズに狙いを定めているようだ。
しかしよく考えてみると期間が長いかつ高リスク投資に耐えられるのは民間では難しい気がする。

DBJキャピタルの特徴

技術投資をしているということで、アドバイザーとして研究者を確保しているようだ。これはなかなかうまい。大学教授だけでなく、金がないポスドクなんかも人材ファンドとして確保しても面白いと思う。

シニアアドバイザー

武田 健二

経歴を表示/非表示
1969年5月東京大学工学部卒業。工学博士。
1971年4月(株)日立製作所入社。同社生産技術研究所主任研究員、同研究所計算機実装センター長、本社新事業推進本部部長を歴任。
1998年米国日立アメリカ上級副社長CTO、2000年北米ベンチャー投資部門プレジデント、2003年本社研究開発本部主幹、同年同研究アライアンス室長兼務。
2005年(独)理化学研究所理事就任、2011年特任顧問(現任)。
2011年(株)メディアシーク常勤監査役(現任)、(株)ソリトンシステムズ取締役(現任)。
東京大学先端科学技術研究センター特任教授、早稲田大学客員教授(現任)、電気通信大学理事(非常勤)、ビジネスモデル学会理事(現任)、文部科学省産学官連携推進委員臨時委員等を歴任。

小堀 幸彦

経歴を表示/非表示
1974年慶應義塾大学経済学部卒業。 米国にて、EPI(環境計画研究所)研究員、マイアミビーチ市再開発局局長補佐等に従事後帰国。1980年(株)オセアノート研究部取締役、1982年バーデン・ヴュルテンベルク州日本代表補佐、1987年(株)オセアノート海外事業部取締役、1992年同社専務取締役を歴任。
1997年に欧州最大の技術移転機関であるシュタインバイス財団日本代表となり、1999年に法人化を図り、(株)シュタインバイス・ジャパン代表取締役に就任(現任)。シュタインバイス・ジャパンでは、世界中に5,000名以上の研究者と800強の独立採算のシュタインバイストランスファーセンターにより形成されるシュタインバイスネットワークを活用して、企業ニーズ指向の受託R&D、技術評価、国際技術移転、人材育成などを行う。
神奈川県新産業振興支援システム研究会座長、東京商工会議所「創業・ベンチャー小委員会」委員等歴任。独シュタインバイス大学非常勤講師(2001年~現任)。

大津留 榮佐久

経歴を表示/非表示
1979年福岡大学工学部電気工学科卒業。 米半導体メーカー 日本テキサス・インスツルメンツ(株)に入社、約22年間在籍、技術マーケティング、ビジネス開発等のマネージャー歴任。
2001年よりソニーセミコンダクタ九州(株)実装部門長、SIP事業部長、大分テック代表、国際資材調達部門長を歴任。
2005年九州大学大学院工学研究院特任教授を経て、2007年よりシリコンシーベルト福岡構想の総指揮を執るシステムLSI推進プロデューサーに着任し、福岡先端システムLSI開発クラスター事業総括を務め、2012年より福岡次世代社会システム創出推進拠点プロジェクトディレクター(現任)に 就任する。テクノロジー分野を中心に技術マーケティングから研究開発マネジメント、知財開発投資、ベンチャー・中小企業コンサルティングを務め、 MOT(技術経営)実務教員として各理工系大学院・ビジネススクール並びに企業コンソシア・企業幹部MOT研修等に多数出講。(財)台湾APIP・亜太知的財産保護協会 名誉顧問。2012年5月よりDBJキャピタルユニット事業プロモーター。

稲田 哲視

経歴を表示/非表示
1973年岡山大学医学部薬学科卒業。 1973~1981年大阪大学医学部がん研究施設にて腫瘍免疫学専攻。1981年医学博士号取得(大阪大学)。同年Brandeis Univ.にてPost Doctor。
1983年協和発酵工業(株)(現 協和発酵キリン(株))入社。1992年米国にてKyowa Pharmaceutical Inc.を設立し社長就任。臨床開発体制を構築し治癒実務を遂行。2002年協和発酵工業(株)医薬ライセンス部長に就任しライセンス契約交渉に責任者として直接関与。
2005年コンサルタントとして独立、米国にてPharma-East Insight Inc.を設立し社長就任(現任)。日米欧の製薬会社に対し、事業提携、事業戦略立案、開発実務、事業性評価、Due Diligence実務等を支援。2005~2008年国際ライセンス協会Life Science CommitteeのCo-chairを務める。慶應義塾大学薬学部非常勤講師(薬学英語、医療薬学英語)、東京理科大学大学院知的財産戦略専攻非常勤講師(ファーマビジネス戦略)等を歴任。

■投資先
内容だけ書くと、以下のとおり。手広く投資している。

工業系クラウドソーシング
IPS細胞由来血小板製剤の開発
バイオ3Dプリンタ
人事インフラ
携帯通信設備共用化ソリューション
世界中から厳選された商品を仕入れ、卸売小売
ウエブプラットフォームを活用したマーケテイングリサーチ
クリニック向けクラウド型診療業務支援アプリ
ソーラー発電設備キット販売
環境ファンド、企画組成支援
動画広告配信事業
糖鎖、糖ペプチド 糖タンパク質合成技術を用いた創薬
ショッピングメディア事業、ストリートメディア事業
O2Oアプリ
在宅医療機関向け運営支援事業
半導体 LED 電子部品用封止金型ファブレス
SSDコントローラーLSI開発
スマホ向けマーケティング事業
マーケティングプラットフォームプロバイダー
スマホアプリレビューサイト
鰻丼チェーン
画像処理システム
新エネルギー事業、プラスチックリサイクル事業
細胞保管事業
クラウドアプリケーション事業
アフィリエイト
ペプチド模倣技術 創薬
免疫性技術を用いた自己免疫疾患治療薬










by km_g | 2015-04-25 10:16 | VC