何かが診断?できそうな技術のビジネスモデル

何かが診断?できそうな技術をもってます、という系が多くたくさんビジネスモデルを考えてきたら、あれ、これのどれかだよね、という整理ができそうなのでメモ。


1:医療的診断機器、プログラム
しっかりエビデンスを取得して、医療機器または医療機器プログラムとしてビジネス。
認証、承認、そして治験が必要な場合があり上市までやや手間がかかる。しかし、保険収載の可能性があったり、医療機関を巻き込んだビジネスがしやすいメリットがある。
ただ、「診断」は一般的に付加価値が出しにくく、規模が出しづらい可能性あり。可能であれば、デバイスまで自社で独自に開発することも検討。

2:早期診断?系で保険や健保からマネタイズ
高精度に、というより、早期に、をメリットとしたビジネス。これも多い。ただし、早期の場合患者?は自覚症状がなく、少なくともお金を払う気がない場合がほとんど。早期に診断は直ちによいことではなく、治療の必要のない患者?を生み出したり、偽陽性問題も注意。
早期に診断することで、生活習慣病や認知症など、早期に診断?することで、症状の悪化が防げるのであれば、民間保険や健保からマネタイズを検討。医療機器として、認証、承認不要でも可能な場合もあり、それもメリット。ただし、エビデンスが必要である可能性は高く、雰囲気だけでは無理。また、健保はお財布が少なく、成功報酬型(医療費が下がったときに半分くらいを受け取る)にせざるを得ない場合があり要注意。

ビジネス側の重要度が強くなってくる。技術開発チームだけではきつくなってくるビジネスモデル。営業力強化。

3:製薬企業と一緒に新しい治療薬を開発する
診断することで、潜在患者を炙り出せれば、製薬企業や治療法をもっている企業は喜ぶ。マッチポンプと言われないように。
組み方としては、営業連携、患者サブタイプがわかることで新しい治療薬、治療法を一緒に開発し、将来一緒に展開。開発段階で、一時金・マイルストーン収入を得る、など。

営業連携の場合は、診断→治療のパターンになりがちなので、医療機器化の必要はあるかもしれない。
開発連携の場合は、やはりエビデンスづくりに時間、費用がかかるかもしれない。
1に対して、プラスαのビジネスモデルかも。

4:治療、介入方法までなんとか開発する
「診断」から「治療」になんとか入り込む。認知症や生活習慣病、睡眠障害は、プログラムやソリューション系でなんとかいけるかもしれない。診断より、介入側は付加価値が出しやすいので事業規模をあげられる。

疾患によってではあるが、企業の社員向けに研修をしたり、サプリを売ったり、と。ここまでくると、診断「精度」などより、いかに介入するか、マーケするか、が重要になってくる。先生発ベンチャーは苦手なケースが多く、マーケ側主導で行くチームにしないと。




by km_g | 2021-01-23 20:50