人気ブログランキング |

ガソリンスタンド

 ガソリンスタンドがやばいらしい。 他の業種に比べて倒産件数に歯止めがかからないとのこと。原因は、景気減速で原油価格が下落(需要も下落?)、競争激化。

 ガソリンスタンドと言えば、コンサル面接の問題でいかにもありそう。数を出させて、コンサルティングクエスションへ。

 国内のガソリンスタンドの数をフェルミ推定してみる。自分の地域の情報(人口、面積、ガソリンスタンドの数)がわかるのであれば、それを日本へ拡張すれば出そうだが、あまりよろしくない。このように積み上げて計算するよりは、トップダウンで求めたほうがよさそう。スタバの売上もこんな感じで計算できる

 国内で稼働している自動車の台数を求め、ガソリンスタンド一軒で何台カバーできるか、がわかれば割り算で出る。商用車は無視してよいだろうか。とりあえず、自家用車でいってみるか。国内の新車販売台数くらい暗記してればよいが、覚えていないので計算するしかない。国内の一人暮らしも含めた世帯数はたしか、4500万世帯くらいだったような。都会は所有する人が少ないが田舎は多そう。都会は一人暮らしも多いだろうし。東京圏内は、国内のGDPの10%くらいが集中していると仮定すると、450万世帯が都会、4050万世帯が田舎、としよう。都会は一世帯あたり0.3台、田舎は1台としてみる。

都会
450万世帯×0.3=135万台 

田舎
4050万世帯×1 =4050万台

合計
4285万台

ガソリンスタンドには、5分で1台お客さんが来るとする。1時間で12台。10時間営業で120台/日。3600台/月。客単価5000円として、売上18,000,000円(1800万円??)??これは多すぎ。多分5分に1台がおかしい。15分に1台くらいとしよう。すると、月売上600万円くらい。こんなもんか?台数で1200台/月カバーできる。

車所有者は月1回ガソリンスタンドに行くとする。すると、国内で月、4285万回の需要が発生する。1ガソリンスタンドが1200回処理できるのだから、


4285万回/1200回=3~4万店。

上の記事を見ると、3.9万件とのこと。商用車を含めていないので、実際は上の計算はちょっと多いのか。けどこんくらいでOK。

さて、ここでやっと本題。この低迷するガソリンスタンドにどんなアドバイスができるか。である。

これは次回。



by km_g | 2012-06-23 00:43 | 転職

おれと同じ状態?

 ここのブログに書いてあることが今の状態を表している。


******
何故こんな格好良さげな企業を受けていたのか。端的に言えば、就活には勝ち負けがあると思っていたからです。大学受験で言うところの難易度のランキングのようなものを想像していただければ分かりやすいのですが、就活を始めたばかりの僕にとっては、入社しにくい(そして大抵の場合は世間体の良い)企業に内定することがとりあえずの目標になっていました。先ほど就活をはじめた動機について「順番が回ってきた」と書きましたが、働くことに対するビジョンが欠落したモラトリアム青年たる僕にとって所謂2chの“就職偏差値”というのは格好のベンチマークだったわけです。
*******

おれって、大学生レベルの精神年齢なんだな。。。。orz
by km_g | 2012-03-04 21:12 | 転職

内なる声

 今日も面接。コンサルでもなくVCでもなく、ビジネススクールの教材を考えたり、講師を育成したり、といったお仕事。はじめは大した興味なかったんだけど、はなしを聞くとちょっと興味がでてきた。というか、面接担当者がすばらしく(人事の方だけど)、ぼくが言ったロジカルじゃない志望理由をつなぎあわせて、なんか、僕がほんとにやりたいこと、向いてることについてアドバイスをしてくれた。それが結構的確。

・考えることが好き。
・教えることが好き。


というフィードバック。まさに、そのとおり。自分の人生を振り返ってもそんなことに興味を持っていたと思う。なんか思い出した。


コンサルから内定をいただいてから、ずっと考えていた。自分がコンサルをやる意味が見出せないのだ。なぜ、コンサルなのだろうか。そこがクリアではない。

今回のフィードバックで少し、心が晴れた。おそらく、VCではないのだろう。自分がやりたい事というのは。


心は自由か。自分の内なる声に耳を傾けろ。

これが非常に難しい。俺は特に、周りを気にしてしまう。給料が低いことは、自分が負けだと思ってしまう。外資系の方がかっこいい。

そんなノイズにいつも振り回される。いろいろな人の声が気になって相談に乗ってもらっているが、晴れては曇り晴れては曇の繰り返し。理由は、自分と向き合っていないからだ。


・考えることが好き。
・教えることが好き。

少なくとも、この声は自分の声だと思う。

悩んでる点は、


戦略コンサルについて
・ビジネスモデルがもう怪しい?
・忙しそう。終電はOKだけど。土日までフルの仕事は厳しい。彼女とも遊びたい。
・ピュアな戦略案件はなくなってきている。
・給料が思ったほどではない。→2,3年がんばればOKなレベルに?
・自分に戦略コンサルが務まるか。3年頑張れるか。ライバルに勝てるか?
・英語がまだやばい。。
・なんかよくわからないがかっこいい。
・経験、スキル積んでそのあとどうするの?一生コンサルするつもり?


今回の仕事について
・仕事は面白そう。自分にあってる部分は多い。
・成長速度は戦略コンサルに比べて遅いか。←どう成長したいのか。成長してどうするのか?が大事だけど。。
・スリルがなさそう。
・キャリアアップはむり?一生この仕事?


今の会社の業務について
・研究者としては大勢は無理。
・部署も微妙。下火。
・とは言え、変革の時期?今こそ変革の当事者になれたり?
・まだ暴れられるのではないか。
・あきた。


こんなにノイズまみれなのである。俺の頭の中は。


みんな、内なる声、が聞こえていてすごいな。。。
by km_g | 2012-03-03 02:10 | 転職

戦略コンサル合格ゲット

 やっとある戦略コンサルファームから内定をゲットした。未だに実感がない。行きたくて行きたくしょうがなかったわけではなく、なんとなく面白そうだったから受けただけだったからか。普通の会社ならこれでもいいかもしれない。しかし、戦略コンサルはこれではだめ。もたないから。毎日終電。ちょー優秀なやつらと毎日競争。最強上司。これに耐えられるだけの、動機が必要。自分にはこれがある自信がないのだ。

ビジネススクールの時の、ケースはまぁわりと楽しかった。けど、わりと、っていうレベル。前に、投資銀行に行っていた友だちが言っていたことを思い出した。「カネがいい、だけでは続かない」。

ビジネススクールの講師の方が言っていたことも思いだした。「何か大事な目標達成のための手段だから、それをやる。のではなく、その行為、仕事そのものを楽しみなさい」。戦略コンサルを経験すれば、たとえ、多少うまくいかなかったとしても、次の転職、(ほかにも)には困らないだろう。一度諦めた、投資の職へもいけるかもしれない。が、それがつらい戦略コンサルを耐える動機になりえるかどうか。

まぁ、今の職を続けるというオプションはないな。そっちこそ飽きた。。

英語も使うらしいからそっちもやらないとな。。ていうかこっちの方がはるかにやばいか?
by km_g | 2012-02-26 20:50 | 転職

最終面接

 某戦略コンサルの最終面接を受けてきた。

かなりびびらされた。

大変だぞ。

給料下がるかもしれないぞ。

やりたいことができないかもしれないぞ。

中途は特に大変。

などなど。

けど、この担当者は正しいと思う。戦コンが大変なのは本当で、重要なのはそれに耐えられる、理念なり、自分の志と整合しているか、である。だから、志望動機とか、なぜ戦コン、なぜここ?って質問は単なるロジカルシンキング以上の意味を持つんだと、わかった。


さて、受かったら行こうかな。それとも、今の会社で頑張るか。それとも、ベンチャーキャピタルにするか。
by km_g | 2012-02-15 01:30 | 転職

戦略の基本(のき)


今更ながら企業戦略について考えた。コンサル面接で、「こういう環境下でこういう企業があります。どうアドバイスしますか?」というお題が多い。その時、思考の引き出しからなんか出して乗り切ってきたがどうも気持ちが悪い。やはり戦略の基本がまだわかってないんだな。

国内をメインにしているメーカーで、シェアが業界3位くらい。海外の安い製品が出回っている。
さて、この企業には、どんな戦略オプションがあるか?

そもそも戦略とは、ある顧客・市場を意図的に選択し、競合よりも優位なポジションを構造的に築く施策群である。つまり、大前氏の言うとおり、市場・顧客、競合、自社の3つの視点が重要である。

ケース面接でも以下のステップで行うといい。常に現象に対して、意味合いまで考えることが重要(だから、なに?)。

①外部環境分析 (市場の理解、顧客の理解、競合の理解)
市場規模はどのくらいで、基本的に成長しているのだろうかどうか。なぜ成長しているかどうかが大切かと言うと、成熟期においては、新しく生まれる市場をとることよりも、シェアの取り合いが起こり、競争戦略が重要となってくるからである。

顧客ニーズは何か。一様か、細分化されているか。変化するか。購買決定要因、决定者は誰か。もしニーズが一様でなければ、セグメンテーションごとに戦略が異なるかもしれない。ニーズが変化するのであれば、ニーズをいかにとらえるか、が戦略のキモとなるかもしれない。消費財において、購買決定者が最終顧客でない場合、チャネルの場合は、チャネル政策がキモかもしれない。顧客は、どこで、どういうステップで商品を知り、買うか。
新しい付加価値商品を提供するならば、顧客に認知、教育しなければいけない。その方法を検討する上で顧客の情報収集方法は重要である。

競合はこの市場に対して、どのような体制をとっているか。成熟期なので撤退または消極的投資であれば、残存利益を得られるかもしれない。規模はどうか、コスト競争力はどうか、強みは何か?これらは、攻めるセグメント、攻め方にのっとって競合を評価する必要があるので、戦略検討時にも競合、代替品をもう一度評価する。


②自社の状態、強み、弱み
自社のシェアはどうなっているのか。まずこの(一時的に定義した)市場全体で強いのか、弱いのか。部分的に強い部分はあるか。シェアが小さいとしたらなぜ小さいのか、を考えていく。製品が弱いのか、売り方が弱いのか。など。
一事業だけでなく、その企業が他にどんな事業を行なっているかも把握すると、戦略オプションの幅が広がる可能性もある。


③戦略の基本方針のオプション抽出

コストリーダーか差別化か。
ポーターの基本は、やはり重要なようだ。ただこれは、業界が成熟期になっている時の例だと思う。成長期の場合は、差別化する軸はあまり存在せず、基本的な価値をいかに、正確に実現し、大きな投資をし、大きく流通させることなどが戦略の基本方針となる場合が多い。

3-1 コストリーダーシップ

コストリーダーシップとは、競合よりも低いコスト構造を実現し、常にではないが、価格優位性につなげる戦略である。
コストリーダーを目指すかどうかで考えなければいけないことは、業界のコスト構造を理解し、どのようなプレイヤーがコストを下げることができるかどうかを把握することである。例えば、コストのほとんどが、製造原価であり、中身が組み立てのコストだったとすれば、労働費を安くできる、調達できるところが有利。また、固定費が多ければ、規模が大きい方が有利。ただし、単純に規模が大きい方が有利、とせず、店舗数に相関があるのか、店舗面接あたりの売上に相関があるのか、と言ったコストの振る舞いまで把握する必要がある。このコストリーダーシップを実行できる企業は、規模の大きいところと言った、強者が有利なことが多い。


3-2 差別化

要は付加価値で高い価格で売れることを目標とする戦略。重要なのは、単なる競合と違うことをすることが差別化なのではなく、差別化する軸がユーザーにとって意味があること(価格を追加で払う根拠)で、そのユーザーが一定数存在して(事業として成立する最低限の規模が実現できるか)、それを競合よりも持続的に実行できるかどうか、ということである。注意しないといけないのは、差別化の軸は商品そのものだけではないということ。早くどこえでも届けるなどの流通に関するものも十分差別化要素である。当然、そのような流通部分も顧客にとって価値となっていることが必要である。

どんなことが価値となるかは、顧客を注意深く観察、分析する必要があるが、それが面接時にはできない。そこで次のようなフレームが便利だった。

価値の種類の例
機能性
利便性
希少性
ファッション性

これを基にケースとなっている、業界・顧客で価値を想像するとよい。


④自社ならではの観点からの評価

③では、市場・業界の魅力と競争優位の可能性から戦略オプションを評価する。が、それだけでは、まだ弱い。ケースではそこまで求められないと思うが、クライアントの要望をもう少し詳しく知り、それを織り込むことも必要である。例えば、他にも事業を営んでいる場合、この事業戦略に何を期待するのか、ということである。次の事業の柱であれば、規模が重要かもしれない。もし、本業がやばい状況であるならば、利益の早期の増大が重要かもしれない。など、である。シェアが低迷しているのであれば、シェア拡大が目標だとすれば、差別化戦略のターゲットとなるセグメントが今後拡大するかどうかが需要かもしれないし、成長をあまり求めないのであれば、ニッチ高収益率でも良いかもしれない。


実際の面接時は、非常に混乱するが、市場、顧客、競合、自社の感覚を常に把握し、丁寧に考えればある程度まで議論を進化できるはず。

以下の本は、ちょっととっかかりにくいが、戦略を考えるとき、何が変数となりうるのか、といった視野の拡大にいいと思う。こういうことも打ち手としてありうるのか、という感じに。


マッキンゼー成熟期の差別化戦略

大前 研一 / プレジデント社



マッキンゼー成熟期の成長戦略

大前 研一 / プレジデント社


by km_g | 2012-02-12 22:12 | 転職

産業別GDP 

 下記は日本の産業別GDPの構成比の推移を表したもの。 




さて、このグラフからどんな意味合いが導けるか?

■現象把握
このグラフで見て取れることは、

①増加率が最も大きいのはサービス業。
②一方、低下率が最も大きいのは、建設業。
③最大の構成比は、製造業→サービス業へ。

■そこから何が言える?
・経済の成熟化
製造業が低下し、サービス業が伸びている、ということは、価値がモノそのものから、そのモノで何をするのか?ということへシフトしていること、が読み取れる(フツーのことだけど)。

・経済の先行きが怪しい(と思われている)
建物への投資は、かなり大きい。よほど先行きに自信がなければビル、家、を新たに建設することはないだろう。建設業の落ち込みは、経済の成熟が今後も続くと思われている、ことを表わしているのではないか。

・今後のGDP増加はサービス業次第。特にIT?
サービス業増加の牽引役は(おそらく)情報通信だろう。だとすると、実質のところ、この10年ちょいのGDPの増加は、このIT産業によってもたらされていた。これからGDPを伸ばしたい、と考えた場合まず構成比の大きいところから着手するのがまず自然。昔はそれが製造業だった。しかしこれからはサービス業、IT産業に取って代わった。政府としても(GDPを伸ばそうと思うならば)、サービス業、ITへの投資、優遇を加速するべきだろう。



う~ん、なんかフツーっぽいな。。
by km_g | 2011-12-06 20:51 | 転職

 数社のいわゆる外資系コンサルティングファームの面接を受けてきた。まだ数社残っている。どうやることやら。

ここまで、いろいろ準備したりいろいろな人から情報をもらった。もし、今からコンサルティングファームを受講する人のために、少しまとめようと思う。


e0194027_22265662.jpg


■MBAは行かなくてよし。

MBAという肩書きは、有利だと思っていた。が、それはたぶん間違い。あってマイナスということではなくて、準備をあわせて3年分くらい年をとる方がマイナス。MBAの30歳より、何も無い27歳の方が価値があります。


■ケースの準備は絶対役に立つ。

面接は多い所で5,6回あると聞く。そのほとんどがケース面接。志望動機的なことを聞かれるけど、時間のほとんどはケースに費やされる。(アクセンチュアは質疑応答にもかなり時間をさく)

ケースは準備でかなりレベルアップできる。実際おれはレベルアップした。セミナーや本を読むことももちろん重要。多少はやるべき。けど多少。あくまで、ケース面接ってどんな感じでやるの?ってことがわかったらそれでOK。あとは、自分で問題を何回も解いた方がよい。紙に書いて、自分で考える。例題の回答をいくら読んでもほとんど効果なし。

①マーケットサイジング、その他数字の推定(フェルミ推定)
これは、どのコンサル面接サイトに書いてあるが、俺の場合、一回しか出なかったし、大して重要視してなかった。ここで大切なのは、あきらめずに分解して、さらに深く考え抜けるかどうか、数字に強いかどうかという基本的な能力だけでなく、市場特性を加味しているかどうか、だ。ほとんどすべてのファームで、このマーケットサイジングだけで面接が終わることはほぼゼロではないかな。新卒だと多いのかな?が、後者がより大事だということは一緒だろう。傘のマーケットサイズを推定するのに、世帯別がいいのか、世代別がいいのか、学生・大人・老人、がいいのか、に気を使えるかどうかだ。傘の場合は、小学生低学年以下、小高学年~大学、社会人(男、女)、それ以降、がいいかもしれない。あまり数字だけの無機質なロジックだけにとらわれず、日々の日常的勘をおりまぜてほしい。



②市場規模2倍問題

①の続きでほとんど場合で聞かれる。

僕が読んだ本では、分解したファクターそれぞれをいかに伸ばすかを考えればいい、と書いてあったけど、それだけではたぶんダメだと思う。2倍と問われてあるので、優先順をつけないといけない。伸びる余地、難易度、即効性など。


③シェアアップ、売上アップ(=コンサルティングクエスチョン)

②は業界全体の話だが、これは一企業の話。ここはMBAの知識が少し役にたった。たいていの場合、売上アップの施策を10分くらいで考えて、と言われる。なれないと、打ち手オンリーの最悪の答えをしてしまうが、これも練習すればある程度できるようになる。フレームワークは3Cで良い。だからと言って、市場は成長している、とかだけ言ってもダメ。だから?と言われる。


ステップとして、なぜ、自社はそのような(シェアが低い)状態か、を考えると良いかと思う。そこから、競争要因、自社の強み、弱みに話が進みやすいと思う。施策は、基本戦略をまず話したあとに、打ち手を語った方が良い気がする。基本戦略は、どこの市場を狙うのか、何で勝負するのか(コスト?差別化(付加価値)?)、で話すと良いと思う。

事前に、ある程度パターンを理解し、思考の癖をつけておく。


戦略コンサルティング・ファームの面接試験―難関突破のための傾向と対策
マーク・コゼンティーノ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 9,442
■筆記試験はしっかりやっておけ。

筆記試験をなめてはいけない。ほとんどの人が落ちる。が、決して難しいわけではない。対策をすれば十分受かる。

ロー○ンド・ベルガー対策:
下記の2冊をやれば十分。
n進数変換、規則性予測、語句の意味、確率・場合の数など。


上・中級公務員 標準判断推理―確かな解答力が身につく“基本書”
田辺 勉
実務教育出版
売り上げランキング: 23,847

ベイン:
集合・ベン図、など。

■準備を合わせて、半年はかかる。

面接はうまく行って、5,6回。3ヶ月程度かかる。筆記準備、ケース対策を合わせると最大で半年は見ておい
た方がよい。筆記があるところは、筆記が無いところよりちょっと先に初めておくとよい。

筆記あり:ロー○ンド、ベイン、ブーズ(たぶん)
筆記なし:ADL、BCG、Mac、DI、アクセンチュア、
他は不明。


■各ファームの傾向(ケース)
BCG・・・学歴重視。ケースは紙を渡され10分考えたあとディスカッション。市場規模の推移があったり、各企業の利益率の比較があったり。これはなんで?だとしたらこの会社はどうしたらよい?とか聞かれる。

ADL、ATK・・・その場で問題考えてる感じ。自分の趣味とか、自社とかが例になる。だから準備すると結構役に立つ。

AC・・・ここもその場で問題考えてる感じ。しかし、ここはある程度業界が絞られているので、その業界に関する問題がでる。志望動機、自社、自部門ついてどう思っているのか聞かれる。


■エージェントは必ず使う。

職務経歴書、志望動機などの書類はエージェントの力を借りた方が良い。各社の情報も得られる。おすすめは、キャリアインキュベーション、ムービンかな。学歴を重視するので、自分がそもそも受験資格があるかどうかもわかる。国立大学上位、私立上位校のみ。それ以外は書類でアウト。準備しても無駄。



■コンサルティングファームを知るために良い本

コンサルティングとは何か (PHPビジネス新書)
PHP研究所 (2011-07-22)
売り上げランキング: 91,483



プロフェッショナルコンサルティング
東洋経済新報社 (2013-05-02)
売り上げランキング: 28,474

■自社についてはしっかりと考えておけ

戦略に興味があります。企業の変革のお手伝いをしたい。と言っていて、いざ、今所属する部門の問題点と変革案は?と聞かれて、答えられないようではアウト。準備すれば対応可能なので、十分に考えておく。


■参考サイト

解き方。
http://ryuku007.blog108.fc2.com/blog-entry-98.html

例題。
http://www.gaishi-seminar.net/midCareer/message-consulting.html

by km_g | 2011-12-01 23:44 | 転職

コンサル面接 2社目

 コンサル面接してきた。

相手は、同い年、新卒入社、アソシエイト。

まず、志望動機を聞かれ、やや深堀。

そして、ケース。お題は、「渋滞をなくすには?」みたいなのと、「~の売上を2倍にするにはどうする?」のどっちがいいと言われ、後者を選択した。

お題は、テレビの売上(シェア)を2倍にするには?だった。

前回の反省を活かして、やや構造化して考えられたが、まだまだだった。

既存市場と新市場でわけて、既存市場で勝ててないセグメントをテコ入れ、みたいな感じで答えた。

で、ではテコ入れって具体的にどうするの?と聞かれた。

4Pを頭の片隅において、いろいろ答えられたが(前回の失敗を生かして・・)が、競合も同じ事するよね?と言われ、ちょっと困惑。

コスト優位は所詮アジア勢に勝てない。付加価値勝負でしょう。と言われ、具体的にどんな価値がありえる?と聞かれた。

いろいろ単発で答えそうになったが、そこはぐっと我慢して、なんとか枠組みを考えた。機能性、利便性、希少性、嗜好性、という枠を提案して、アイディア自体はしょぼかったが、なんとか爪あとを残した。

まぁ、ダメだろうな・・・
by km_g | 2011-11-28 23:48 | 転職

バイク屋の成長戦略


先日大失敗した、コンサル面接で、町のバイク屋の売上アップ策を考えて下さい、って問題が出た。
これは、自分が趣味がツーリングです、って言ったから。

この時の自分の思考としては、

①現状なぜバイク屋の売上が落ち込んでいるか、の原因仮説の設定
②それを踏まえて、アンゾフマトリックスを考慮して打ち手を列挙。

だった、二つくらい案を出した所で、あと3つくらい案を考えてください。と言われた。その瞬間にパニックに陥った。アンゾフで二つだしたらもう無いよー。。
しかし、冷静に考えればいっぱいあって、4Pから打ち手を考察していけばいろいろできた。

終わってから思ったのは、短期と長期でフレームワークしっかり整理すれば、よかった、と。

反省を生かして、もう一度この問題を考えてみよ。


■■前提確認
・売上低迷。
・小さな町のバイク屋販売。
・(今のところ)製造はしていない。

■■売上低迷原因の仮説
・バイクは危ない、というイメージ
・駐輪場が高い


■■案の構造化
短期と長期をわけて考える。


■短期的
売上=価格×個数

個数増加策
①顧客層拡大、
②チャネル
③広告、プロモーション

価格増加策
④一人あたり単価
⑤値上げ

これくらい分解できた・・・。う~ん悔しい。

①顧客拡大
当日はここばっかり考えた。
今のバイクを買う層は、男性、若者がメインだろう。セグメンテーションは、性別×年齢という基本でいいだろう。
セグメンテーションしたら、次は、どこが魅力的か考える。

ここは右脳を働かせる。高齢者男性が一番いいかな?

高齢者開拓戦略を掘り下げてもいいけど、まずは案だし。ここまででとりあえず止める。

②チャネル拡大
今のチャネルは、今の一店舗の店だけ。ここが一番改善余地があるのではないか。

・ネット通販
商圏が小さいので、webはコストが安いけど、効果は限定的か。

・出張販売
バイクは場所をとるので、置きっぱなしはダメ。が、昼間だけ展示だけするのは全然OKだろう。駐車場とか、展示できる広い場所があるところがいいだろう。

パチンコ屋、ホームセンター、免許センター

あたりが妥当かな

③広告、プロモーション
ここも改善余地がありそう。

・ウェブ
・街の雑誌
・チラシ

④一人あたりの単価上げ
客単価=商品数×単価

バイクを2台買うわけにもいかないので、ウェア、おしゃれなヘルメット、セキュリティグッツ、などの品揃えを充実させて、バイク本体以外にもお金を使ってもらう。

ここは、ちょっと長期的になってしまうが、生涯売上点数、ってのはどう構造化したらよいのかな。ここで語っても良いとすると、ポイント制にして、次回も買ってもらう、親子・友達にも上げられる、とかいいかもしれない。


⑤単価
原付ではなくて、ハーレーなどの外国製の高いバイクを揃える。


こんなにも、策があったのか。MBAとは思えないひどい答えだった。。

日頃から考えるのは大事だな。


■長期的
ここは、顧客開拓を短期的試作に織り込んだので、多角化、というイメージで考えてよさそう。

⑥新事業
・バイクのレンタル
・バイクの出張メンテサービス

これは面接で実際に答えた打ち手。


⑦新市場
・日本全国
・海外

この2点が妥当だろう。配送、コールセンターなどバリューチェーンの構築が必要だろう。



■■優先順位
ここの優先順位付けはどうやったらいいかな。

インパクト×実現性

で考えるのがいいのかな。けど、ぜんぶやったら?って感じがするな。



いや~。ゆっくり考えると、いっぱいあるもんだ。対策が全然甘かった。。。。
by km_g | 2011-11-01 20:33 | 転職