技術系ベンチャーのビジネスモデルで、プラットフォーム型?がけっこう多い。

・室内の隅々まで届くwiriホッピング技術
・非常に少ないデータ数で学習できるAIアルゴリズム
・いろんな創薬のタネを作れる

などなど。経営学的にプラットフォーム型と言わないのかもしれないけど、バリューチェーンの上流にコアコンピタンスがあって、最終製品は作らないようなビジネスモデルのことをここでは指す。

プラットフォーム型ビジネスモデルを選択すること自体は否定はしないが、立派な(と思われる)プラットフォームを作ったはいいが誰もそれを使ってくれない、という状態に陥っているところが多い。これでは、シード期は良いがシリーズAあたりできつくなる。

このような段階でVC側は、キラーアプリケーション(何に一番使えるのか)は何か、というのが気になっている。プラットフォームの幅広さ、よりも何かの用途に素晴らしく使えるかどうか、が気になる。一方、ベンチャー側は、「我々のプラットフォームは特定用途にとどまらず、幅広く使える」と思っていて、特定用途に拘ることを嫌うことが多い。

またVC側は、いろいろな分野でそのプラットフォームが使われている状態ではなく、ある特定の用途で使われる程度でIPO水準の収益規模になるかどうかを気にしている。なぜなら、IPOまでのたかだか5年間でいろいろな用途で実際に使われるのはまず無理で、ある特定用途で使われるくらいまでしかいかないと思っている。なので、特定用途向けだけのビジネスで二桁億円の売上が出るかどうかを気にしている。
一方ベンチャー側は、幅広く使えると思っているので、特定用途単体でのビジネス規模はあまり気にしていなく、やはり幅広さを重要視している。なので市場規模の議論をすると噛み合わないこともしばしば。

アプリケーションを探すために、いろいろなパートナー企業に営業にいったり、デモ動画を作ったり、展示会に出したりしながらプラットフォームの宣伝をする。しかし、小さな受託はたくさん集まるだろうが、これは、というのはなかなか見つからない、ものにならないケースが多いのではないか。
ベンチャー側は、そのプラットフォームがいかに素晴らしいかを、ベンチャー側自らがアプリケーションを作ることで、その可能性・素晴らしさをパートナー企業や外部に示す必要がある。デモ程度ではなく、全体のビジネスモデル、パートナー企業がいかに(小さい労力で)儲かるか、お手本、を示す必要ある。そこまでしないとなかなか乗ってこない。これがなかなかうまくできるベンチャーが少ない。

原因はおそらくチーム構成にある。プラットフォーム型に限らず、技術系ベンチャーの創業メンバーは、

・発明者、キー技術者
・CEO
・管理系

こんな感じ。ここでの問題はCEO。CEOの方がプラットフォームのビジネス展開、パートナー企業とのビジネスを構築できるか、が重要になる。一見するとキー技術者でもできそうな気がするが、多くの場合研究者っぽい方なのでたぶん難しい。CEOの方ができるかというと、やはり難しいことが多い。特にバリューチェーンが長いビジネス向けのプラットフォームの場合、その業界全体まで精通しないとささる提案はきつい。アプリ候補となる複数の業種、業界で精通しているなんてことはおそらくない。なので、パートナー企業にぐっときてもらうビジネスを提案することがなかなか難しい。

ここでうまくいくベンチャーは、ある業界で長く実務経験がある人が参画してくれて、かつその業界向けにそのプラットフォームがマッチする場合。CEOの方の仕事はむしろそういう業界経験者をいかに採用するかが重要だと思う。その方がいると一気にビジネスモデルにリアリティが出て、また先方からの信頼もあがり、ビジネスがまとまる可能性も高くなる。この段階になると、プラットフォーム型は少し薄れてきて、眼の前の用途に集中するという経営にやっとなる。

プラットフォームビジネス。響きは良いが、けっこう難しい。その問題の本質は、その技術なり製品が「本当に」プラットフォーム性があるのか、という見極めにある気がする。本当にいろいろな用途に使えるのであればそれは素晴らしく、おそらく、外部からいろいろな提案が既にきているかもしれない。しかし、ほとんどは、プラットフォーム性はおそらくなく、特定用途にしか使えない技術・製品の可能性高い。単純にマーケット・お客・ニーズが見えてないだけの可能性が高い。


by km_g | 2018-12-02 11:38 | 起業

NTPVカンファレンス

日本テクノロジーベンチャーパートナーズが主催するベンチャーカンファレンスに今年も参加した。前年に続き二回目の参加だ。去年は初めてDeNAの南場さんを生で見て、とても感銘を受けたのを覚えている。さて今年であるが、全体的に質が落ちていた。登壇者は、主催者の投資先を集めただけで、自社の紹介を時間いっぱいしてQAの時間はほぼなく、盛り上がりにかけていた。来年も参加したいと思うのでぜひ頑張っていただきたい。




以下メモ。

  • DeNAの開発の流れ
DeNAは創業以来4回目?の停滞期を迎えていて苦しんでいる模様。課題は、グローバル化と脱ゲームだとのこと。マンガボックスは社長の守安氏自らマネージしているらしく、現在好調らしい。南場さんの話を聞いていて、一つ面白いと思ったのは、DeNAの事業開発の流れを大きく変えた、というところ。

従来までは、

企画→委員会→プロトタイプ→ローンチ

これが、

企画→プロタイプ→ローンチ→うまくいけばどーんとお金と人を投入

という流れに変わったとのこと。ポイントは、製品の評価を経営陣ではなくマーケットに移したというところだろう。最近のネットサービスは何があたるかわかりにくいらしく、また開発コストがこれだけ下がった状況であればまず作って、出してみてから考えたほうが良いとの判断だ。初めはたった二人でひっそりと開発してローンチして、どんどん伸びてくるといきなり億単位のカネと数十人のリソースが投入されるということだ。

これができるネットビジネスは正直うらやましいと思った。ハードの場合プロトタイプでも大きなカネが必要でここではやはり社内でのジャッジが必要となってしまう。と書いていたが、MITメディア・ラボではとりあえずアイディアを形にする文化が根付いているという話を思い出した。各研究者はサイエンススキルだけでなく、様々なエンジニアリングスキルも要しているらしい。このまず作ってみる(そして、市場側でテスト)というのはこれからいろんな分野で大切になってくるだろう。特に最初から大きなカネを必要とすビジネスはいかにこの機能をワークさせるかは、課題だろう。簡易的な工作やシミュレーション専門部署をつくるとか、より早い段階でチームにマーケ側の人材をかならずいれる、とか。



  • 世界の多くの人が同じデバイスを持つというにはよく考えてみるとすごいこと
もちろんスマホのことだが、確かに全世界の多くの人が同じデバイス、プラットフォームを使うってのは今までなかったことだ。しかし日本の視点にたつと言語の壁は大きい。いかに言語の壁を超えるか、言語の壁がない分野をとるか。ここに日本のスタートアップの機会があるとのこと。LINEとかが良い例。最近出てきているNewsPicksやグノシーなどのニュースキュレーションサービスは有望とのことだ。


  • オリンピックの伴い映像系が面白い
TV局、電機メーカー、ケーブルテレビ、などオリンピックに向けて既にいろいろ動いているらしい。まず4Kは間違いなく導入されるとのことだ。それに伴い、送信技術側も変化があるとのことだ。4Kは現状の帯域では不十分だということだ。それで、IPになるのかケーブルになるのか、衛生か。いずれにせよ、何かしら大きな技術的変化があるだろう。



  • 投資の分野を決める
VCのセッションを聞いていて、イケてるスタートアップは?と言う視点ではなく、まずイケてる分野を考える重要性を改めて思い出した。GCPは、合宿を行いとことん今後2~3年で伸びる分野を決めるとのことだ。そして、その分野でイケてるスタートアップに投資する。

さて、今後2~3年で伸びる分野は何だろう。ウエアラブル、遺伝子診断?電気自動車?










by km_g | 2014-03-23 01:39 | 起業

Sequoia 投資先

 CruchBaseというサイトで米国の著名ベンチャーキャピタルの投資先を見ることができる。

・クラウドベースで分析サービス関連
・ゲノム医療関連

が目立った。中でも個人的に面白そうだったのが、FutureAdvisor
個人投資家向けに投資アドバイスを行うWebサービス。これは多分イケると思う。マネックスとかでこんなサービスをやってたような気がするけど、マネックスの会員でないと無理だし銀行預金とか証券以外の資産は入らない。為替とか、株のチャートとか、バリュエーションとかいろいろできそうだな。うん、面白い。


しかし、こうやって見るとさすがに一個あたりの額がでかいなぁ~、米国は

e0194027_1242467.png

by km_g | 2013-03-28 01:30 | 起業

Facebookやジンガの株価が低下しているようだ。バブルがしぼんだのかもしれないが、IPO株価が現在最大ってのはちょっと問題だと思う。損をしているのは、一般株主たちだ。これが続くと、IPO時は様子を見て、少し株価が下がってから、と思うようになってしまう。これでは、ベンチャー投資家のEXITとしてのIPOがうまくいかなくなってしまう。上場を担当する証券会社は、本来の企業価値、株主価値よりもやや低めの株価でIPOさせる。これは、お得感を出し売り切るためだ。しかし、現状は割安ではなく割高だったという状況だ。Facebookに至っては、最初の決算が赤字らしい。きちんとIRされていればよいが株価低下を見ると、少なくとも予想よりもまずい結果なのだろう。

 証券会社はインフラとしてのIPOをしっかりとマネージしてもらいたいものだ。

とか書いていたら、ソロスがFacebookの株を買っているようだ。絶対IPOの時は買ってないだろうな。
by km_g | 2012-08-17 00:30 | 起業

2011年 国内IPO件数

e0194027_20165176.png


定例レポート IPO Trend in Japan 1989-2011より。

IPO件数はやや上向き傾向であるもののまだまだのようです。VCが関与した企業が伸びてるようなので、VCが頑張った結果でしょうか。

これは、件数だけど統計なので、時価総額ベースの統計も見ないとちょっと現状は把握できなそうですね。最近のIT系がメインだとするとサイズも小さいかもしれませんが。
by km_g | 2012-01-05 20:21 | 起業