・日本は創造的ではないというが、過去の成果を見ると世界に誇れるイノベーションは出ている、日本人は
・問いは、イノベーションを妨げているものはなにか?で、それは組織
・多様性が大事というが、本質は「思考の多様性」が担保されているかどうか。属性の多様性を担保しても思考の多様性につながるかどうか
・さらに、思考の多様性が「意見の多様性」となって初めて、重要な認知的不協和が発生する
上下間の風通し権力格差指標(PDI=power distance index 上司に言いたいことが言えない)が高さが航空機事故の大きな原因の一つだった
(副操縦士が部下、機長が上司の場合よりその逆の場合の方が事故が少ない)
・権威=リーダーが日本の構図
・過去の多くのイノベーションは、新参者・若手によって主導されてきた。だとすると、彼らが意見しにくい日本の組織風土は非常に問題
・従ってリーダーは、意図して意見を聞こうとする姿勢(聞き耳のリーダーシップ)が重要。ビジョンを示す、指示を出すと言った一般的なリーダーシップのイメージとは異なる
・イノベーションの目利きは難しい。消費者でさえプロトタイプの段階では判断がつきにくい。そのイノベーションが大きければ大きいほど
・目利き力が重要となるが、そのためには特に外部組織とのネットワークがどれほど高密度か、が需要→オープンイノベーションの本質?
・外部組織とは、自分たちと思考、バックグランド、専門性などが異なるということ
・インターネットは、多様な意見の集約がメリットとされているが、現状は全く逆で同質性をむしろ高めている(=ここは最近自分も感じていた!)
・ある調査では、同質性の高い組織では意思決定のqualityが下がるとの結果
・3Mの15%ルールだけマネをしてはダメ。売上の10%が新商品で構成されるという経営管理の仕組みとセットとなていることがポイント。これによって、新しい技術、製品を商品化しようとするインセンティブが発生する(聞き耳のリーダーシップと言ったソフトとこのようなしっかりとしたハードの両面が重要)
・働きアリだけの集団と、遊び人アリが混ざった組織では後者の方が高パフォーマンス。
・人間の組織も同様で、いかに遊びの部分を作るか。3M,グーグルが良い例。
・ステージゲート法は、駄目ネタを落とす効果はあるが、イノベーションも切る可能性がある。消費者調査も駄目。
・コンセンサスを重視しすぎるいわゆる日本企業は合理的説明ができないイノベーションを切ってしまう可能性大
・最後はリーダーの直観が必要ではないか
・しかし、リーダーの直観ではなくても、qualityの高い意思決定ができるかもしれない(組織的に)
・コンドルセの定理=構成人数が多いほど意思決定のqualityが上がる、という定理もある
・専門家は良く予想を外すし、過去のイノベーションは専門家から生まれていない
・ただし、組織としてクオリティの高い意思決定を行うための条件は、(これがないと声が大きい人の顔色伺ったり、グループシンクが発生したり、うまくいかない)
1:個人の独立
2:互いに影響されない
3:偏りがない
4:全員が同じ問題に答えようとしている
5:必要な情報がある
6:問題に正解がある

・これをいかに組織に実装するか、は今後の重要な課題(この辺りは、ビッグデータのからみでちょっと面白いかも)
・一部の例外を覗いて、いたずらにスペシャリストを目指すのではなく、ダイナミックに配置転換を行いバックランドの多様性を育成すべき


ちょっとこの本を読んで、以前日本テクノロジーベンチャーパートナーズの村口さんが言っていた、「ベンチャーキャピタルを組織として行うのは無理」、と言っていたのを思い出した(それでジャフコから独立)。ベンチャーキャピタルはまさにイノベーションを判断しなければいけない。なんとか委員会で合理的な投資理由を議論してたらベンチャー投資はできない。投資担当者が自立してリーガーシップを発揮しなければいけない。それが一般的な会社組織でできるのか。シリコンバレーのVCがすべて、独立系であることも頷ける。

日本企業で孫さんのように強いリーダーシップでイノベーションを推進するのはちょっと難しいと思う。集団でいかに意思決定のクオリティを上げるか、イノベーティブな意思決定を行えるようにするか、は非常に面白いかつ、重要な課題だと改めて思った。


茂木健一郎氏「時代を切り拓くリーダーたちへ~世界を変えるイノベーションとは~」(あすか会議2013)









by km_g | 2013-11-21 00:41 |



カーン・アカデミーQuipperなどのようなオンライン学習の分野が次の成長分野と言われているようだ。
MITやハーバードと言った有名大学の講座が世界中タダで受講でき、教育格差が一気に解決するというわけだ。

しかし、このままではオンライン学習は思ったほど広まらない気がする。あるところでやっぱり飽きてしまう可能性が高いからだ。継続性の問題だ。継続性の問題の原因はモチベーションだと思う。いかにモチベーションを維持するか、が重要なところだと思う。みんな経験があると思うが、勉強は線形に成果はあがらない。やってもやってもわからないことだらけで全然おもしろくない、という時期がしばらく続く。そしてある閾値を超えたところから急にわからないところがわかりだし、面白くなる。ここまでいかに到達するか、が重要だ。

一時期流行ったゲーミフィケーションの仕組みは既に組み込まれているサービスもあるがそれだとまだ少し弱いと思う。モチベーション維持の方法で面白いと感じているのはの源泉はクラスのようなグループの存在だと思う。1ヶ月だけでもいいので抜けにくい・新規に入りにくいクローズドな学習グループがあれば、ライバル関係だったり、あいつがやってるんだから俺もやろう、みたいな感情が長く続く秘訣だと思う。ここで重要なのは友達・知り合いになるというところ。その点、Lineゲームはうまい。見ず知らずの誰かではなく、知り合いと競わせることでライバル心が生まれ継続性に寄与していると思う。クローズにグループを定義する理由はここにある。これによって友達化しやすくなり、継続性が増すのではないかと思う(これだけでは不十分かもしれないが)。

(書いてるうちに思いついたが、以前IVSですごい時間割という慶応の学生が作ったサービスがビジネスコンテストで優勝していたのを思い出した。時間割を共有することであいつがどんな授業をとっているか、あいつはいつが暇か、が共有できるというサービスだ。これを社会人も含めたオンライン学習全体に適応できないだろうか。勉強マニアのあいつはどんなオンライン学習をしているのか。とかわかるとどんどん学習したくなる気がする。)

最後のは蛇足だが、オンライン学習のクラス化、どこかやってくれないかなぁ。特に海外の有名どころで。
by km_g | 2013-11-13 12:06 | 日常

質問へのお答え

コメントありがとうございます。
返答欄に書ききれなかったのでこちらに書きます。

私の経験から書きます。

一番役に立ったと思ってることは、簿記をけっこうやったことです。はじめから財務モデルとかを勉強するのに比べて、簿記がいいところは仕訳からPL、BS、CFをゼロから作り上げる訓練ができるからです。これでPL、BS、CFのどこが動くと、どこに影響が表れるかってところがわかるようになりました。遠回りなようですがぜひおすすめします。コツはただ簿記の参考書を眺めるのではなくて、問題集も買ってきて電卓と鉛筆を使って問題を解くといいと思います。ここまでくると、ROEとかの財務指標もいちいち暗記しなくても感覚的に使いこなせるようになると思います。


財務モデルの作り方は以外に勉強する材料がないと思います。私も探しましたが高いセミナーくらいしかないと思います。ビジネススクールでも教えてくれませんでした。ですので、投資銀行の友達とかに教えてもらいながら独学で勉強しました。コツはやはりできる人のExcelを見て自分で何度も作ってみることだと思います。参考になるかわかりませんが、ここからこのブログで紹介したsheetをダウンロードできます。




参考書をここにいろいろ上げておきましたが、これを読んだだけでは絶対にファイナンスができるようにもわかるようにもならないと思います。なんかしょーもないコメントになりますが、手を動かすのが一番近道です。


わからないところがあればまたお気になさらずコメントください。
by km_g | 2013-11-12 22:14 | ファイナンス

読書

ビジネススクールに行ってから本を割りとたくさん読むようになった。大抵はアマゾンのおすすめか、ツイッターで流れた本を買うが他の人と似たような本になってしまってる気がする。たぶん、他の人が知っていて自分が知らないことがあるのが怖いと感じているからだろう。でもたぶn大事なのは、他の人が知らなくて自分だけが知ってることがどれだけあるか、なのだろう。

そんなことを考えていたら、読書書の賞味現在価値というブログを見かけた。流行ってる本というのは、差別化にならないし、賞味期限が短い本が多い、ので価値が小さいということだ。賞味期限云々のところはなんでかは分からないが実感として納得はできる。

この内容は、本だけでなくてネットにも言えることだと思う。ブログ、フェイスブック、ツイッターこれらは仕組み的に似たような文化というか話題になってしまう。最近出てきたキュレーションニュースも同じだ。そう考えるとグローバルマネーが少しでもリターンが高いところに一瞬に集中するのと同じように、ちょっとでも話題になりそうなことがあると、あらゆる人がその話題に集中してしまうのかもしれない。最近の炎上もこのような背景があるのかもしれない。金融でいうところのバブルだ。


とりあえず、なるべく今まで知らなかった世界、近づかなかった領域に意識的に踏み込んでいけないとな。
by km_g | 2013-11-09 16:34 | 日常